関節の痛みの予防と改善に有効

関節がなめらかに動くしくみ
 骨と骨の連結部にあたる関節では、通常骨どうしがじかに接することはありません。双方の骨の接点は「軟骨」というやわらかい骨で裏打ちされていて、その軟骨と軟骨の隙間を満たしている「関節液(滑液)」が、関節のなめらかな動きを生み出す潤滑油の役目を果たしています。
 関節液は、関節に力が加わるたびに軟骨からしみ出ますが、実はこの関節液を、軟骨の中で多量に抱え込んでいるのが、コンドロイチン硫酸なのです。

膝や腰の痛みはこうして起こる
 関節軟骨には、からだの中で最も多くコンドロイチン硫酸が含まれています。ところが、軟骨中のコンドロイチン硫酸も、他の部位と同様に、年をとるにつれてその量が減少しはじめます。
 軟骨中のコンドロイチン硫酸が減少すると、軟骨は本来の弾力を失ってササくれ立ってきます。さらに、関節液の分泌も減るために軟骨どうしが直接ふれあうようになり、軟骨は次第にすり減っていきます。やがては骨どうしが直接ぶつかる事態となって、その結果、痛みが生じてくるのが変形性関節症です。
 変形性関節症は、膝や腰、首などに起こりやすく、特に体重を支え続けている膝関節の発生頻度が高くなっています。

血管新生が軟骨を変性させる
 変形性関節症の発生には、摩擦による軟骨の変性以外に、「血管新生」も深く関わっています。通常、軟骨の中には血管が通っていないのですが、その軟骨に毛細血管が入り込んで軟骨を変性させ、最終的に軟骨を破壊してしまうことがあるのです。同様の現象は慢性関節リウマチの患者さんの関節にもみられます。
 こうした血管新生が生じる背景には、コンドロイチン硫酸の不足が示唆されます。というのも、不必要な血管新生を抑える作用があるコンドロイチン硫酸の豊富な軟骨に、血管が入り込むことは考えられないからです。
 軟骨は一度破壊されると再生は困難とされています。ですから、軟骨の変性を防ぐため、コンドロイチン硫酸の体内合成が衰えてくる中年以降は、積極的に体外からの補給に励みたいものです。
 また、すでに変形性関節症やリウマチを患っている人でも、コンドロイチン硫酸の継続的な摂取で痛みが緩和されたり、関節の動きがよくなる例が報告されています。


痛みを抑え美肌を保つコンドロイチン硫酸
痛みを抑え美肌を保つコンドロイチン硫酸






[PR]
by beauty-moisture | 2017-03-03 07:35 | 痛みを抑え美肌を保つコンドロイチン硫酸