馬油で肌のトラブル解決

顔や首のシワを防ぐ
 シワのないスベスベのお肌は、女性にとって永遠の憧れです。俗にいう“お肌の曲がり角”の二十代も半ばを過ぎれば、嫌でも肌の老化は避けられません。
 肌は衰えてくるにつれて弾力性を失い、たるんで、シワができてしまいます。そこで、どのようなケアをするかが、肌の衰え速度を左右します。
 はじめは目立だなかったシワも、年々深く、大きくなります。そうなる前に、馬油を使ってマッサージし、肌に潤いと張りを与えましよう。馬油のもつ血行促進作用と、指によるマッサージ効果の相乗効果で、血液の巡りをよくし新陳代謝を活発にします。
 まず少量の馬油を、額、鼻、左右の頬、あごの五個所につけます。あとは、左右それぞれ、額から頬、あごにかけてなでおろします。このマッサージは十回をワンセットにしてください。

細胞は生まれ変わる
 一般的に、皮膚細胞は約二十八日周期で生まれ変わるといわれ、古くなった皮膚細胞は垢として排泄されるのです。新しい細胞が生れる期間、つまり少なくとも1ヵ月は“馬油マッサージ”を続けるようにします。
 このほか、指に馬油を直接ぬり、あごや頬をたたくマッサージ方法もあります。このときはあまり力を入れすぎず、肌に対して垂直に、指の腹でたたくようにしてください。
 首すじのシワには、あごを上げて首の皮をのばし、そこにあごからのどにかけて馬油をなでるようにぬります。両手を使い、やはり十回ほど行なってください。
 次に、首すじ全体をマッサージします。とくにのどぼとけの下にある甲状腺付近を、ほどよく刺激すると分泌機能が高まり効果があがります。
 顔や首だけでなく、肘や膝にもぬり、日頃かさつきがちな皮膚に潤いを与えましょう。



ぬるだけで驚くほど効く馬油
ぬるだけで驚くほど効く馬油




[PR]
by beauty-moisture | 2017-04-05 07:18 | ぬるだけで驚くほど効く馬油