骨を作る材料として不可欠
 まずは、骨のなかにあるカルシウムの役割からみていきましょう。
 第二章で、骨の構造を鉄筋コンクリートに例えると「鉄筋にあたるのがコラーゲンで、そのなかに流し込むコンクリートがリンとカルシウムに相当する」と説明したように、強い骨を作るには、骨の芯を支えるコラーゲンとともに、そのすき間を埋めるカルシウムが必須です。
 骨は、すでにできあがったかたまりのように見えますが、実際には生涯を通じて常に作り替えられています。血液中から新しいカルシウムを吸収して沈着させる一方で、骨の中の古いカルシウムを少しずつ血液中に溶かし出しています。こうした活発なカルシウム代謝の繰り返しが、若い丈夫な骨を作り出しているわけです。
 ところが、カルシウムの摂取量が長期にわたって不足すると、体液中のカルシウム量を確保するため、骨のなかの貯蔵カルシウムがどんどん消費されていきます。さらに、加齢や閉経といった因子も、骨のカルシウムの消失に拍車をかけます。
 丈夫な骨を保つには、毎日の食事で積極的にカルシウムをとることが大切です。

細胞間の〝メッセンジャー〟
 体液中に存在する一%のカルシウムは、全身の約六〇兆個におよぶ細胞が協調して働くうえで不可欠な〝細胞間のメッセンジャー〟として働いています。
 ご存じのように、われわれの体の機能を統括しているのは脳です。脳から絶え間なく発信される情報が、逐次、神経を通じて全身の細胞に届けられ、私たちの生命活動は成り立っています。このとき、神経から刺激(情報)を受け取って、各細胞に伝達しているのがカルシウムです。
 カルシウムが、どのようにして細胞にメッセージを伝えるのか不思議に思うでしょうが、実は細胞の内側と外側のカルシウム濃度の差を利用します。
 通常、体液中のカルシウムの多くは細胞の外側に存在していて、細胞の内側のカルシウムの一万~一〇万倍にのぼります。ところが神経から情報が伝わってくると、その刺激を合図に細胞の外側にあったカルシウムが細胞内にどっと流れ込み、細胞の内側のカルシウム濃度を一気に上昇させます。この濃度の変化が、細胞に情報を伝えているのです。

各組織でのカルシウムの役割
 体液中のカルシウムの具体的な働きは、次のとおりです。
①筋肉を動かすのに必要
 筋肉を動かす場合も、カルシウムがメッセンジャーとして活躍します。細胞内のカルシウム濃度が通常の百倍くらいになると筋肉の収縮が起こると言われます。手足のほか、心臓の拍動を支える心筋、末梢血管の平滑筋の収縮にもカルシウムが必要なため、体液中のカルシウム不足は生命に関わります。
②血液をかためる
 切り傷やすり傷で出血した場合、小さな傷であれば放っておいてもすぐに血液が固まって出血は止まります。こうした血液凝固は、血液中や血管組織内のさまざまな物質が関与して起こりますが、カルシウムもそのなかの重要な一つです。
③免疫にも関与
 体のなかに細菌やウィルスなどが侵入したときに、カルシウムはそれらの排除に働く白血球やリンパ球の手助けをします。





美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト


[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-04 18:01 | 美容と若返りにコラーゲンとアパタイト

真皮のコラーゲンが皮膚にハリを与える
 皮膚のハリとツヤを生み出しているのもコラーゲンです。
 皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)の三層に大別できますが、皮膚の本体をなす真皮の主成分がコラーゲンです。真皮の七〇%をコラーゲンが占めています。
 真皮の中のコラーゲンは、骨の中と同様に互いに橋をかけあい、網目状に張り巡らした線維の間に多量の水分を抱え込んでいます。これが、皮膚本来の弾力を生み出す原動力になっているのです。

肌にシワができるしくみ
 加齢につれて真皮のコラーゲン代謝が衰えてくると、余計な老化架橋が増えて皮膚の水分がどんどん消失し、カサカサに乾いた肌にシワが生じてきます。
 また、年令の問題だけでなく、18ページで説明したように、紫外線や排気ガス、ストレスなども、真皮の架橋を増やす原因になります。真夏の強い日差しを浴びたり、疲労が重なったりするとシワが増えるのはこのためです。

シミ・ソバカスの沈着にも関与
 真皮のコラーゲンの変性は、表皮にも影響します。
 表皮は四つの層に分かれていて、一番下の基底層で作られた細胞がじょじょに表面に押し上げられ、やがてアカやフケとなって剥がれ落ちていくしくみになっています。表皮でこうした新陳代謝が活発に繰り返されているうちは、たとえ皮膚にシミやソバカスができても、すぐに分解されていきます。
 ところが、表皮細胞の機能を根底で支える真皮のコラーゲンが変性すると、表皮の新陳代謝も衰えて、シミ・ソバカスの沈着を許す結果になってしまいます。

コラーゲン補給で肌の水分が増えた!
 市場にはコラーゲン配合の基礎化粧品が多く出回っています。これはあくまで化粧のためのもの。コラーゲンを肌に直接塗布しても、肌表面の保湿効果が得られるだけで、皮膚の中には浸透していかないと言われています。
 本質的な肌の若さを取り戻すには、コラーゲンの豊富な食品をとって、体の内部から真皮にコラーゲンの材料を提供するのが一番の近道でしょう。実際に、イタリアのアルビノ大学の調査では、三〇~四〇才の女性に一日二グラムのコラーゲンを二ヵ月間とってもらった結果、肌の水分が二〇%も増えたことが明らかにされています。




美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-03 08:36 | 美容と若返りにコラーゲンとアパタイト

体全体の健康増進に役立つ
 この章では、魚のウロコの主成分の一つであるコラーゲンの基本的な働きを紹介していきます。
 コラーゲンの名はご存じの方も多いでしょう。それはおそらくコラーゲン配合の化粧品が多く出回っているためと思われます。しかし、コラーゲンは単に美容液として優秀なだけでなく、われわれの体全体の健康増進に役立つ、実にさまざまな効能を秘めています。まずは、コラーゲンとは何かという点から探ってみましょう。

特徴的な「三重のらせん構造」
 私たちの体は、水、脂肪、無機質、たんぱく質の四つの物質で作られています。このうち、水に次いで多いのがたんぱく質で水を除くと体の七〇%をたんぱく質が占めています。人体内のたんぱく質は、およそ五〇〇万種にのぼりますが、その約三分の一を占めるのがコラーゲンです。
 コラーゲンは、たんぱく質のなかでも極めて異質の存在です。まず第一に、多くのたんぱく質が球状であるのに対し、コラーゲンは細長い線維状をしています。しかもその様子を電子顕微鏡で見ると、三本の鎖(アミノ酸がつながったポリペプチド鎖)が絡み合った三重のらせん構造になっています(図参照)。

細胞と細胞をつなげる足場の役目
 コラーゲンのもう一つの重要な特徴は、「細胞の外に存在する」ことです。ほかのたんぱく質はすべて細胞のなかに存在しますが、コラーゲンは細胞の外側にあって、細胞と細胞をつなげる足場のような役目をしています。レンガ壁に例えるなら、細胞というレンガのすき間を埋めるセメントにあたるのが、コラーゲンです。
 コラーゲンが、生体を支える〝構造たんぱく質〟と呼ばれるのはこのためで、コラーゲンがなければわれわれの体はバラバラになってしまいます。



美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-02 09:32 | 美容と若返りにコラーゲンとアパタイト

これからの日本に必須の二大成分
 さっそく魚のウロコの成分を調べてみると、実にすばらしいものでした。魚のウロコは、コラーゲンとハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウム)のかたまりだったのです。
 コラーゲンとハイドロキシアパタイトはどちらも我々の健康維持に不可欠な成分です。まず第一に、丈夫な骨を作る主要成分であり、そのほか、コラーゲンは血管や関節、素肌の老化防止に、ハイドロキシアパタイト(カルシウム)は血液凝固、筋肉の収縮、免疫など体の基本的な働きを支える重要な作用をもっています。特に、高齢化社会を迎えるこれからの日本に欠かせない二大成分といったところですが、いずれも通常の食事でとりにくいのが難点でした。
 それが今回、思いがけず両方の成分を豊富に含む天然の食材が見つかったのです。まったく驚きました。海中のゴミの山は、宝の山だったわけです。

ウロコと骨は起源が同じ
 魚のウロコの中に、われわれの骨を作る材料が豊富なのは、ウロコがもともと骨と同系のものだからです。
 魚の皮膚は、外側の表皮と内側の真皮の二層からできていますが、ウロコは真皮から作られます。ウロコは真皮層で発達し、やがて鎧のように魚体を覆って、海中の障害物から身を守る役目を果たすのです。歯骨も同様に真皮層から作られます。
 魚のウロコの中のコラーゲンとハイドロキシアパタイトの含有比率は、魚の種類でかなり差がありますが、基本的に海水魚のほうがカルシウム含量が多く、コイのような淡水魚のウロコではコラーゲンの含有比率が高くなっています。


美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-01 11:02 | 美容と若返りにコラーゲンとアパタイト