<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

不妊や子宮筋腫にも有効

不妊が改善し約1年後に妊娠
 34歳、女性。以前より生理痛があり、生理周期は32日とやや長く、高温期が短く、経血も少なく、塊も出るとのことでした。
 加えて、生理前になると、イライラしたり落ち込んだりといった月経前緊張症が現われ、また結婚後5年を過ぎても妊娠の兆候はありません。
 そこで、2週間に1回、プラセンタの皮下注射を開始しました。その結果、2ヶ月後に月経前緊張症のイライラ、落ち込みが改善し、また6ヶ月後に生理痛が消失しました。
 そして、1年後には高温期も安定し、1年2ヶ月後に待望の妊娠を果たしました。

子宮筋腫の縮小が認められた
 46歳、女性。以前より、直径10㎝ほどの子宮筋腫を指摘されていたとのことです。子宮筋腫は経時的に増大しており、手術も勧められていましたが、可能な限り漢方薬などを中心とした自然療法でやりたい、また高血圧(降圧薬内服中)も何とかしたいということでした。
 当初、漢方薬で治療し、疲労感などの全体的な体調は改善してきましたが、子宮筋腫は増大を続けました。
 よって、初診後半年が経過した頃より、プラセンタのツボ注射(三陰交、血海、足三里など)を2週間に1回、開始したところ、徐々に縮小し始め、さらに半年後の婦人科の触診では、明らかに縮小が指摘されました。
 現在も治療継続中ですが、子宮筋腫は縮小したまま閉経を迎えました。

※図省略



プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用


[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-28 09:55 | プラセンタ療法と中医学の調整作用

五行のそれぞれの特性
 五行説では、すべての事物を「木・火・土・金・水」の五つに区分しますが、これは言い換えれば、「五行」と呼ばれる、これら五つの根源的要素から万物は生成されるということです。その五行には、それぞれ次のような特性があります。
◦木…①曲直、②動きやすい、③伸展を好む。⇨木は曲直で、動きやすく、すくすくとした伸展を好む。
◦火…①炎上、②温熱。⇨火の特徴で、火は上に昇る傾向にある。
◦土…①物を載せる、②生長変化。⇨大地(土)はすべてのものを載せている基盤であり、すべてのものに栄養を与える生長変化の源である。
◦金…①発声、②粛殺(厳しい秋気が草木をそこない枯らすこと)。⇨金属は叩けば音がする。
◦水…①寒冷、②下流、③物を潤す。⇨水の特徴である。

助け合い、抑制し合うのが五行
 また五行には次のような「相生」と「相剋」の関係が存在します。

◎相生関係
◦木は火を生じる(木は燃えて火を 生じる)
◦火は土を生じる(燃えたものが土 となる)
◦土は金を生じる(堆積した土の中 から金属が生まれる)
◦金は水を生じる(金属に水滴がつ く)
◦水は木を生じる(水は木の栄養と なる)

◎相剋関係
◦水は火を制す(水は火を消す)
◦火は金を制す(火は金属を溶かす)
◦金は木を制す(金属は木を切り倒 す)
◦木は土を制す(根を土に深く張り 養分を奪う)
◦土は水を制す(土によって水を堰 き止める)
 それぞれの特性をもつ五行は、この二つの関係によって、常に抑制し合い、助け合いながら、互いに調和を保っています。
 それにより森羅万象、この世界のすべてのものが一定の規律と秩序の中で運動し、変化していく、というのが五行説的な宇宙観といえるものです。



プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-27 09:48 | プラセンタ療法と中医学の調整作用

中医学から見た二つの特長
 中医学では鍼灸と生薬が主な治療法ですが、その中医学から見て、なぜプラセンタ療法は効果があるのか。このことに関しては、プラセンタに備わる二つの特長をあげることができます。
 一つは、すぐれた生薬としてのさまざまな特性、もう一つは「陰陽」のバランスを整える作用です。中医学では、プラセンタ療法の有効性はこの二つの特長に由来すると考えます。
 そこで、本章では生薬としての特性について、次章では、中医学の思想的背景との関連の中で、陰陽のバランスを整える作用について述べていくことにします。

『本草綱目』にもその名がある
 洋の東西を問わず、紀元前の昔から、薬として使用されてきたと伝えられるプラセンタは、さまざまな文献に登場します。
 その中で最も詳しく書かれているのは、中国・明時代の『本草綱目』(李時珍、1596年)です。この書物は52巻から成り、最後の人部(ヒト由来の生薬の項目)第52巻に、「人胞」の名で収載されています。
 別名としては、胞衣、胎衣、紫河車、混沌衣、仏袈裟、仙人衣といった名称が記載されており、これらの中で、「紫河車」という通称が最も一般的になりました。
 ちなみに、日本では紫河車と呼ばれていました。
 また、プラセンタの品質に関して、初産の子供や健康な産婦のもの、および紫色のものがよいとの記述も見られます。
 さらに『本草綱目』には、唐時代の『本草拾遺』(陳蔵器、739年)という書物の中に、すでに生薬として記載されているとあります。
 しかし実際には、唐時代にはほとんど使われず、使用されるようになったのは元時代(1271~1368年)からであり、医師の朱丹渓がその効果を謳うようになり、続いて呉球が、大造丸という紫河車が入った処方を創始してからである、とも記されています。



プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-26 13:17 | プラセンタ療法と中医学の調整作用

フィラトフの「生物原刺激素説」
 プラセンタの効果については、いくつかの仮説が存在します。
 たとえば、「胎盤埋没療法」の開発者である、旧ソ連オデッサ医科大学のフィラトフ博士(1875~1956年)の「生物原刺激素(Biogenic Stimulator)説」があります。
 眼科医の博士は、角膜移植において、2~4℃で3昼夜保存の角膜が、新鮮な角膜に劣らぬばかりか、むしろより良好なことを発見しました。
 その後、この方法でウシの脳下垂体、副腎、甲状腺、そして胎盤などを皮下に埋め込む治療(埋没療法)を施したところ、特に全身に効果が認められたのが胎盤でした。
 生物原刺激素説とは、「生体から切り離された、ヒトまたは動物や植物の組織は、不利な、しかし組織を死にいたらしめるほどではない環境下におかれると、組織の生命を維持するための物質を形成する。
 この物質を生物原刺激素と定義する。そして、これが病める生体に導入されると、その生体反応を高め快復に導く」というものです。

「成長因子の活性化」説
 プラセンタは、24種類の成長因子を含んでいます。これらは細胞の増殖を促進し、組織や臓器の修復・再生などの働きをする物質ですが、製造過程で壊れてしまうため、注射剤やサプリメントなどには含まれません。
 そこで最近では、成長因子を含まなくても、注射剤などが体内の成長因子を活性化するように作用し、それが病気治療につながるという説も唱えられています。


プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-25 12:22 | プラセンタ療法と中医学の調整作用

 地球環境の改善を追求しながら、経済発展を促すためには「バイオマス」という現生の生物を起源とする産業資源の利用が注目されている。これは非化石資源であり枯渇性のものでないことが重要である。人類がバイオマスを利用しながら全ての活動を行なえれば、永久的な繁栄を遂げられる可能性が出てくるのである。
 このバイオマスを対象にした科学をバイオマスサイエンスと呼ぶ。しかし、バイオマスという概念そのものがまだ若いので、バイオマスに関係する科学者はまだまだ少ない。だからこそ、この分野には多くの未発見の事実が隠されており、今後のバイオマスサイエンスの発展により驚くべき数々の発見が現れると期待できる。
 最近ではサトウキビなどからバイオエタノールを生産する技術が先行しているが、今後プラスチックや農業資材など他の産業への応用もどんどん広がると考えられる。
 日本政府は「バイオマス・ニッポン総合戦略」というものを定めているが、じつは日本が独自に生産できるバイオマスというのは非常に少ない。スイゼンジノリはその中の一つであり、しかも養殖がなされている将来性の高いバイオマスである。


新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ
新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-24 11:05 | 新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ

半分以上は寒天質
 スイゼンジノリは単細胞生物なので、細胞体が集合して生育する場所が必要です。これが、細胞体の周りを覆っている寒天質です(写真8)。
 スイゼンジノリは、その重さの半分以上が寒天質から出来上がっており、その生産量は極めて大きいことが分かります。この理由で、スイゼンジノリはキクラゲのようにプヨプヨした感触を示すのです。
 もし、この寒天質がないと、せっかくスイゼンジノリの細胞が川の中で細胞分裂を起こしても、すぐに流されてバラバラになってしまいます。したがって、寒天質には細胞体を集合状態に保つはたらきがあります。

外敵から護るバリケード
 じつは、寒天質のはたらきはこれだけではなく、細胞を外敵から護るバリケードのような役割も持つと考えられます。
 何を隠そう、われわれ人間の体を構成する細胞の周りにも寒天質があり、細胞体を護ってくれています。人間のこの寒天質のはたらきは、太古の生物から受け継がれている作用なのです。

新規多糖類を命名
 この寒天質は、デンプンのような糖の固まりで出来ています。しかし、この糖は鎖のように連なった「多糖類」という状態になっており、まったく甘くありません。
 そこで、スイゼンジノリの寒天質に含まれる多糖類がどんなものなのか調べるために、以下の方法で取り出してみました。
 川から採取したスイゼンジノリを、ドライクリーニングのように有機溶媒で洗浄した後、アルカリ水に溶かすことで抽出した結果、繊維状の物質が得られました。
 この物質の構造を調べた結果、今まで見つかったことのない糖から構成された新規の多糖類であることが分かりました。
 そこで、発見者である岡島らは、この多糖類を、スイゼンジノリの種名である「sacrum」の語尾をan(多糖類という意味の接尾語)に置き換えることでsacran(サクラン)と名づけました(写真9)。


※写真省略


新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ
新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ


[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-23 12:24 | 新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ

今は絶滅危惧ⅠA類に

珪藻類が大量に発生
 1993年までは、スイゼンジノリ野生株が大量に自生していた特別保護区内(面積約2700㎡)でも、流速の遅い場所では、ボタンウキクサなどがかなり繁殖するようになり、1996年5月以降、珪藻類のMelosira varians が大量に発生しました。
 ラン藻であるスイゼンジノリは、窒素固定を行なうため、水中の窒素濃度が低いほど、他の藻類との競合に適し、逆に、水中窒素濃度が上昇すると、ふだん清流に生育する珪藻類などが増殖を始め、スイゼンジノリは生存競争に敗れてしまいます。

進む富栄養化、減る湧水量
 表1に、著者(椛田)が会長を務める江津湖研究会(創立:昭和57年2月)が行なっている水質分析の結果を示しています。
 湧水湖である江津湖は、水温が年間を通じ約18~19℃とほぼ一定であり、pHも年間を通じpH7~8の弱アルカリ性です。
 しかし、全窒素(T―N)が、1990年では、2.9~3.1㎎/?であったのが、2005年では、3.8~4.3㎎/?と増加していました。これは、湧水(地下水)そのものが富栄養化していると推定されます。

“砂踊り”の箇所も消滅
 さらに、湧水量についてみると、江津湖およびその周辺の湧水量は、昭和37年には約89万?/日であったものが、現在では若干の年変動や季節変動はあるものの、平均すると約40万?/日 と半減しています。
 特別保護区内においても、“砂踊り”が観察されるほどの湧水が生じている箇所が25年前には7ヶ所ありましたが、現在、そのほとんどが消滅しています(写真7)。
 この湧水量の減少と、水質の富栄養化によって惹起された、珪藻類・Melosira varians の大量発生により、スイゼンジノリは光合成を阻害され、その野生株は一挙に激減しました。
 そして、1997(平成9)年秋、スイゼンジノリ野生株は、環境庁(当時)作成による植物版レッドリストにおいて、絶滅危惧ⅠA類(ごく近い将来、絶滅の危険性が極めて高い種)に分類されました。





新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ
新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-22 09:18 | 新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ

日本固有の淡水性ラン藻

熊本・水前寺で発見
 スイゼンジノリ(学名:Aphanothece sacrum(Sur.) Okada)は、1872(明治5)年に、オランダの植物学者・スリンガーが、水前寺・江津湖(熊本市)において発見し、新属新種のラン藻として『日本藻類図鑑』の中で世界に紹介した淡水産ラン藻の一種です。
 スリンガーは当初、学名を、Phyloderma sacrum Suringarとしました。Sacrum (サクルム)とは、「神聖な」という意味で、彼が発見地である、水前寺・江津湖に敬意を表して、この形容詞を用いたと言われています。
 その後、1953(昭和28)年、動植物学者・岡田喜一氏は、これが水田に生えるハマミドリの同属として、学名を改め現在に至っています。

キクラゲに似た寒天質の塊
 日本固有種であるスイゼンジノリは、一見、キクラゲを思わせる緑褐色ないし茶褐色の寒天質の塊(写真1)で、湧水のような美しい水に限って生育します。
 寒天質の中には、多数のマユ型単細胞(写真2)が散在し、常時、2分裂しながら、同時に細胞外に粘性物質を分泌して増殖します。
 スイゼンジノリ本体(細胞)の大きさは、短径:3~4マイクロ、長径:6~7マイクロであり、顕微鏡でなければ、観察できません。



新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ
新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-21 08:34 | 新発見「サクラン」と伝統のスイゼンジノリ

真皮が肌にハリや弾力を与える
 若々しく健康な肌は、ハリや弾力に富んでいますが、この肌のハリを作り出しているのが、さきに述べた網のような構造をしたコラーゲンです。このコラーゲンの網が表皮を内側からしっかりと支えることで、肌にハリが生まれます。
 また、肌の弾力に関与しているのが、弾力線維といわれるエラスチンです。エラスチンは、コラーゲンの網の目の結び目部分で、バネのような働きをして弾力を生み出しています。
 一方、基質の成分であるヒアルロン酸とプロテオグリカンは、たくさん水分を含むことで、肌にみずみずしさを与えます。特にヒアルロン酸は、一グラムで水六リットルを蓄えられるほどに、非常に保水性に富んだ物質で、肌の保湿にとって極めて重要なものです。
 そして、これらの真皮の成分を作り出しているのが、線維芽細胞です。

シワ・たるみの原因は合成能力の衰え
 若く元気な時には、この線維芽細胞の働きも活発で真皮の成分を十分に作り出すことができますが、年齢とともにその合成能力は衰えてしまいます。
 そうなると、十分な量を作ることができなくなって、ヒアルロン酸やプロテオグリカンの量が減少して肌の保水力が低下し、ツヤのない乾燥肌になりがちになります。
 また、こうした基質が少なくなることで、コラーゲンの整然とした網の目の構造が崩れやすくなってきます。
 その結果、コラーゲンの構造が崩れ始めると、徐々に肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみができてくるようになるのです。

グルコサミンでシワ、たるみを改善
 ヒアルロン酸は、私たちの肌にとって非常に重要な成分ですが、高分子のため、口から摂取しても、体内で吸収されにくいといわれています。
 しかし、グルコサミンを摂取すれば、線維芽細胞によるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などのグリコサミノグリカンの合成が促進されます。
 それにより、真皮の基質は、十分な水分を含んだもとの正常な状態に戻ることができ、コラーゲンの網の目の透き間を満たすことになるので、コラーゲンの崩れが補修され、シワやたるみが改善されることになるのです。



膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-20 09:18 | 血液をサラサラにするグルコサミン

健康は健全な血液から
 私たちの体内には血管が網の目のように張り巡らされており、全身の隅々にまで血液が行き渡るようなしくみになっています。
 この血液によって酸素や栄養分が運ばれることで、一つひとつの細胞の正常な新陳代謝が可能となり、それぞれの組織や器官が支障なく機能することができるというわけです。
 ですから、この血液の流れに滞りが生じると、体のあちこちに障害が発生し、動脈硬化やさまざまな病気、老化などの原因となってしまいます。

血栓を作る原因はドロドロ血液
 血液の流れを滞らせる大きな原因となっているのは、俗にドロドロ血液と呼ばれるものです。
 ドロドロ血液とは、中性脂肪やコレステロールといった脂質を多く含んだ血液や、赤血球や血小板などの血液中の成分が、互いにくっついて塊を作っている血液のことです。
 こうした状態の血液は、血管の中をスムーズに流れることができません。とくに、毛細血管のような細い血管では血液が詰まりやすくなってしまい、恐い「血栓」を作ってしまいます。
 ドロドロ血液の原因としては、食事における脂肪分や糖分の摂りすぎ、喫煙や過度の飲酒、ストレスなどがあげられます。
 最近、グルコサミンの新しい効果として注目されているのが、こうしたドロドロ血液を改善し、流れやすいサラサラ血液にする作用です。
 では、その作用とはどのようなものなのか、次に紹介したいと思います。



膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-19 10:47 | 血液をサラサラにするグルコサミン