保水効果抜群でハリのあるお肌に

コラーゲンを肌に塗ると……
 一九七〇年代にドイツで化粧品にコラーゲンを配合することが始まりました。コラーゲンを肌に塗ると皮膚の中に吸収されてコラーゲンの補給になり、肌の若返りに役立つと考えられたからだそうです。
 しかし、今ではそんなことはありえないと思われています。皮膚は表皮と真皮からできています。コラーゲンの繊維があるのは真皮ですから、皮膚の表面に塗ったコラーゲンが真皮に届くためには表皮を通りぬけなければなりません。
 ところが、表皮の一番外側には角質層があって、物質通過のバリアーになっています。このバリアーは、体の外から有害な物質が入り込むのを防ぎ、また体の中から必要な成分が外へもれだしてしまうのを防ぐ大事な働きをもっています。

角質層を通りぬけられない
 コラーゲンはとても巨大な分子なので、皮膚の表面に塗っても、この角質層のバリアーを通りぬけることはできません。つまり、皮膚の奥の真皮まで届くのは無理なのです。
 しかし、皮膚の表面に塗ったコラーゲンには、別の効用があることがわかりました。それは保水効果です。表皮の水分は、しっとりしたキメのこまかい肌をつくるためにとても重要です。
 ところが、歳をとると水分が減少して肌は乾燥しカサカサになってきます。そこで水分を補給する必要があるのですが、ただの水を塗ってもすぐに蒸発してしまいます。コラーゲンは水を吸着し保持する性質を持っているので、塗るとしっとりとした肌をつくるのに効果があるのです。
 またコラーゲンはそもそも肌の成分なので、肌と馴染みが良く安全です。そういう理由から多くの化粧品にコラーゲンが配合されています。
 巨大分子のコラーゲンですが、小さな断片(ペプチドといいます)にしておくと、角質層を通り真皮まで届くらしいことが最近の研究でわかってきました。そして、「コラーゲンを食べた時」と同じような、コラーゲン合成を活発化する効果が期待されるというので、いま研究が進められています。



若さと健康の支えコラーゲン
若さと健康の支えコラーゲン



[PR]
by beauty-moisture | 2017-01-23 15:15 | 若さと健康の支えコラーゲン