更年期障害を緩和する

女性を悩ませる不快な諸症状
 月経がなくなる閉経の年齢には個人差が見られます。日本人女性の平均としては五〇歳頃です。一般に閉経後にくるものが更年期と思われているようですが、実際は閉経前後の約一〇年間を指します。
 この時期に、日常生活に支障をきたすほどのさまざまな不快症状が現われてきた場合を更年期障害と呼びます。
 その具体的な症状としては、顔や上半身のほてり、のぼせ、発汗などの血管運動性障害や、不眠や憂うつ、イライラなどの精神神経症状などのほか、肩こり、頭痛、腰痛、関節痛、手足のしびれなどと実に多岐にわたります。これらの症状が重なって現われる場合も多く、大変な苦痛をもたらすといえるでしょう。
 更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンの卵巣からの分泌低下や停止に加え、ストレスを受けやすい性格や生活環境などといった精神的、環境的要因が原因となって、自律神経に変調をきたすことで引き起こされます。症状の重さには個人差がありますが、それは体質などのほか、こうした精神的、環境的要因も関与しているからです。

内服剤、サプリメントも効果的
 更年期障害の治療における基本的なプラセンタ療法は、通常のプラセンタ注射(皮下または筋肉)です。それでも効果が薄いときには、プラセンタのツボ注射を行ないます。
 更年期障害の緩和には、プラセンタのもつ、ホルモンを調整する内分泌調整作用や、自律神経のバランスを調整する自律神経調整作用などが役立っていると考えられます。
 更年期障害の治療では、プラセンタを用いる注射については健康保険が適用される場合があります。詳細に関しては受診される際に医療機関にお問い合わせください。
 さらに、これに加え漢方薬を併用する場合もあり、このような治療法は、更年期障害以外の疾患についても当てはまります。
 内服剤やサプリメントには注射剤ほどの即効性はありませんが、継続的な摂取により更年期障害の緩和効果を期待できます。



更年期障害、疼痛、美容などにプラセンタ療法
更年期障害、疼痛、美容などにプラセンタ療法



[PR]
by beauty-moisture | 2017-01-27 15:56 | 更年期障害、疼痛、美容にプラセンタ療法