皮膚本来のハリとつやを生み出す

真皮のコラーゲンが皮膚にハリを与える
 皮膚のハリとツヤを生み出しているのもコラーゲンです。
 皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)の三層に大別できますが、皮膚の本体をなす真皮の主成分がコラーゲンです。真皮の七〇%をコラーゲンが占めています。
 真皮の中のコラーゲンは、骨の中と同様に互いに橋をかけあい、網目状に張り巡らした線維の間に多量の水分を抱え込んでいます。これが、皮膚本来の弾力を生み出す原動力になっているのです。

肌にシワができるしくみ
 加齢につれて真皮のコラーゲン代謝が衰えてくると、余計な老化架橋が増えて皮膚の水分がどんどん消失し、カサカサに乾いた肌にシワが生じてきます。
 また、年令の問題だけでなく、18ページで説明したように、紫外線や排気ガス、ストレスなども、真皮の架橋を増やす原因になります。真夏の強い日差しを浴びたり、疲労が重なったりするとシワが増えるのはこのためです。

シミ・ソバカスの沈着にも関与
 真皮のコラーゲンの変性は、表皮にも影響します。
 表皮は四つの層に分かれていて、一番下の基底層で作られた細胞がじょじょに表面に押し上げられ、やがてアカやフケとなって剥がれ落ちていくしくみになっています。表皮でこうした新陳代謝が活発に繰り返されているうちは、たとえ皮膚にシミやソバカスができても、すぐに分解されていきます。
 ところが、表皮細胞の機能を根底で支える真皮のコラーゲンが変性すると、表皮の新陳代謝も衰えて、シミ・ソバカスの沈着を許す結果になってしまいます。

コラーゲン補給で肌の水分が増えた!
 市場にはコラーゲン配合の基礎化粧品が多く出回っています。これはあくまで化粧のためのもの。コラーゲンを肌に直接塗布しても、肌表面の保湿効果が得られるだけで、皮膚の中には浸透していかないと言われています。
 本質的な肌の若さを取り戻すには、コラーゲンの豊富な食品をとって、体の内部から真皮にコラーゲンの材料を提供するのが一番の近道でしょう。実際に、イタリアのアルビノ大学の調査では、三〇~四〇才の女性に一日二グラムのコラーゲンを二ヵ月間とってもらった結果、肌の水分が二〇%も増えたことが明らかにされています。




美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-03 08:36 | 美容と若返りにコラーゲンとアパタイト