体の中にも深海ザメパワーが潜んでいる

深海ザメパワーは人体中にもある!
 我々の体の中にも、深海ザメパワー〈スクワレン〉が潜んでいる、と言ったら、皆さん驚かれるでしょう。
 しかし、これは事実です。
 どこにあるのかというと……皮脂の中です(多い人では十~十五%)。
 皮脂中に含まれるスクワレンの量は、性、年齢によって差があります。最も多量に含まれている時期は、女性の、しかも十代の後半です。
 この時期の女性達は、それこそ肌が体の内側から光り輝いて、「匂い立つ」ような華やかさが全身に満ちみちています。
 このことから、一つには、次のような見方をすることができます。
 人間にとって成長期は、一生の中で最も活発に細胞分裂や新陳代謝の行われる時ですから、スクワレンのもつ性質からみても、もっとも活躍できる時のはずなのです。
 しかし、成長期には皮脂中のスクワレンは思春期ほどには含まれていません。
 それはナゼでしょうか?
 その理由は、スクワレンは体の内側で使われてしまって、外の皮脂にまわす余裕が無かったということです。
 しかし、思春期では、もはや成長は十分なされ、スクワレンは体の中での活躍の場を失いつつあるが、その生成の能力はいまだ衰えをみせていないので、その分が皮脂として増加し、皮膚の活動を活発化させるのです。ただし、この見解は、あくまで私の私見であって、現在のところは仮説に過ぎません。
 また、スクワレンは、性ホルモンに関係している物質の可能性もあります。
 そして、美しいということは、健康であることの証明にもなります。すなわち、皮膚細胞がその代謝能力を十分にいかんなく発揮しているからであって酸素のスムースな供給にスクワレンが尽力して初めて可能ならしめたと判断できるのです。

※表省略



深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す
深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-06 11:34 | 深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す