防衛機構の担い手、免疫力を強化

免疫は生体の防御システム
 私たちのまわりには、細菌やウイルスなど生命をおびやかす病原体がウヨウヨしています。それなのに私たちが生存していけるのは、それらから身を守る生体の防御システムが私たちの体にそなわっているからです。
 防御機構の中で最も重要で大きな働きをしているのが、免疫と呼ばれるものです。免疫力を担っているのは、主に白血球やリンパ球といったいわゆる免疫細胞です。たとえば、体内に異物が入ると、マクロファージとかナチュラルキラー細胞、Tリンパ球といった免疫細胞が、それら外敵を排除して健康を守っています。
 病気にかかっても治る人がいれば治らない人もいます。回復の早い人もいれば、遅い人もいます。この違いは、免疫力の違い、免疫細胞の元気度の違いと言うこともできます。現在、何らかの病気を患い、闘病生活を送っている方にとって、最も求められる力が、この免疫力を高めることです。免疫力を高めて、病気を追い出していくことが、一番いい方法です。

免疫細胞を活性化するプラセンタ
 免疫力が強いかどうかが健康のカギをにぎっているのですが、プラセンタは、この免疫力を高める働きをもっています。
 薬で治らない慢性病の方が、プラセンタ療法を受けて治っていかれるのは、まさに免疫力が高まって、病気が追い出されていったとしか言いようがありません。その詳しいメカニズムはまだよく分かっていませんが、プラセンタの持つ豊富な栄養素が免疫細胞に栄養を補給してエネルギーを与え、活性化させるからではないかと考えられています。
 また、血液中に吸収されたその栄養分が各組織の細胞にも効率よく行きわたって、弱った患部の細胞の再生能力も高めるものと考えられます。
 細胞にどんどんよい養分を送ってやると、細胞自身が元気になり、免疫力も高まっていくのです。細胞が正常な状態に再生し、その機能が回復することが、すなわち「病気が治る」ということです。実際、そういう効果は臨床その他で数多く実証されています。



神秘のパワー!プラセンタ
神秘のパワー!プラセンタ




[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-11 15:39 | 神秘のパワー!プラセンタ