便秘や冷え症を解消する

便秘、冷え症は万病のもと
 便秘や冷え症で悩んでいる方が数多く見受けられます。便秘や冷え症はいずれも万病のもとといわれるように、そのもたらす影響は意外と深刻なものです。
 便秘になると、おなかの中の腐敗物質が腸壁から吸収されて全身にまわり、それによって様々な障害が起こります。生理不順、肌荒れなどが生じ、お化粧の乗りが悪くなったりします。そのほか頭痛、肩こり、不眠、口臭、食欲不振、高血圧、動脈硬化などに悩まされます。また痔、肝臓病、腎臓病の一因になったり、大腸ガンも発生しやすくなります。
 冷え症は、昔から女性に多く、二〇歳前後、更年期の年代ではおよそ三人に一人は冷え症で悩んでいるといわれるほどです。とくに腰や下腹部、背中、手足の先や関節部分に冷えを感じます。体が冷えるのは、末梢の血液循環が悪いためです。一か所だけではなく、同時に数か所に起こることもあります。女性が男性より冷えやすいのは、皮下脂肪が多いためです。脂肪は熱を伝達しにくいので、いったん体が冷えると体温が上がりにくいのです。また女性は総じて若いころは男性と比べて低血圧傾向が強いのも冷え症の一因になっています。
 冷え症がひどくなると腰痛、下腹部痛、月経痛、頭痛などのほかに、便秘、下痢、めまい、立ちくらみなどを起こすようになります。消化、吸収力の低下、貧血、ホルモンや自律神経の変調など、全身的な生理作用の低下が直接、間接に影響するのだろうと考えられています。

体の中から機能を活性化
 プラセンタは、腸をはじめ内臓の機能を高めて便秘を改善し、また血行をよくして体を中から温め、冷えを改善してくれるのです。便秘については、一回の治療ですと、良くなることもあるという実態ですが、数回の治療を経過すると六〇―七〇%の有効率になってきます。冷えを改善するのは、血行をよくすることによって、全身に養分や酸素を十分に供給し、体の生体機能を活性化することによると考えられます。
 もちろん、適量の水分を補給したり、食物繊維を多くとってウンチの量を増やし、排便しやすくしたり、良質なタンパク質やビタミン、ミネラル類をまんべんなくとって神経作用と血行の促進をはかるなど、食事や運動面での療法も同時に取り入れることも忘れてはいけません。



神秘のパワー!プラセンタ
神秘のパワー!プラセンタ



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-12 10:45 | 神秘のパワー!プラセンタ