ドロドロ血液は血栓のもと

健康は健全な血液から
 私たちの体内には血管が網の目のように張り巡らされており、全身の隅々にまで血液が行き渡るようなしくみになっています。
 この血液によって酸素や栄養分が運ばれることで、一つひとつの細胞の正常な新陳代謝が可能となり、それぞれの組織や器官が支障なく機能することができるというわけです。
 ですから、この血液の流れに滞りが生じると、体のあちこちに障害が発生し、動脈硬化やさまざまな病気、老化などの原因となってしまいます。

血栓を作る原因はドロドロ血液
 血液の流れを滞らせる大きな原因となっているのは、俗にドロドロ血液と呼ばれるものです。
 ドロドロ血液とは、中性脂肪やコレステロールといった脂質を多く含んだ血液や、赤血球や血小板などの血液中の成分が、互いにくっついて塊を作っている血液のことです。
 こうした状態の血液は、血管の中をスムーズに流れることができません。とくに、毛細血管のような細い血管では血液が詰まりやすくなってしまい、恐い「血栓」を作ってしまいます。
 ドロドロ血液の原因としては、食事における脂肪分や糖分の摂りすぎ、喫煙や過度の飲酒、ストレスなどがあげられます。
 最近、グルコサミンの新しい効果として注目されているのが、こうしたドロドロ血液を改善し、流れやすいサラサラ血液にする作用です。
 では、その作用とはどのようなものなのか、次に紹介したいと思います。



膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-19 10:47 | 血液をサラサラにするグルコサミン