皮膚の老化現象を和らげる

真皮が肌にハリや弾力を与える
 若々しく健康な肌は、ハリや弾力に富んでいますが、この肌のハリを作り出しているのが、さきに述べた網のような構造をしたコラーゲンです。このコラーゲンの網が表皮を内側からしっかりと支えることで、肌にハリが生まれます。
 また、肌の弾力に関与しているのが、弾力線維といわれるエラスチンです。エラスチンは、コラーゲンの網の目の結び目部分で、バネのような働きをして弾力を生み出しています。
 一方、基質の成分であるヒアルロン酸とプロテオグリカンは、たくさん水分を含むことで、肌にみずみずしさを与えます。特にヒアルロン酸は、一グラムで水六リットルを蓄えられるほどに、非常に保水性に富んだ物質で、肌の保湿にとって極めて重要なものです。
 そして、これらの真皮の成分を作り出しているのが、線維芽細胞です。

シワ・たるみの原因は合成能力の衰え
 若く元気な時には、この線維芽細胞の働きも活発で真皮の成分を十分に作り出すことができますが、年齢とともにその合成能力は衰えてしまいます。
 そうなると、十分な量を作ることができなくなって、ヒアルロン酸やプロテオグリカンの量が減少して肌の保水力が低下し、ツヤのない乾燥肌になりがちになります。
 また、こうした基質が少なくなることで、コラーゲンの整然とした網の目の構造が崩れやすくなってきます。
 その結果、コラーゲンの構造が崩れ始めると、徐々に肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみができてくるようになるのです。

グルコサミンでシワ、たるみを改善
 ヒアルロン酸は、私たちの肌にとって非常に重要な成分ですが、高分子のため、口から摂取しても、体内で吸収されにくいといわれています。
 しかし、グルコサミンを摂取すれば、線維芽細胞によるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などのグリコサミノグリカンの合成が促進されます。
 それにより、真皮の基質は、十分な水分を含んだもとの正常な状態に戻ることができ、コラーゲンの網の目の透き間を満たすことになるので、コラーゲンの崩れが補修され、シワやたるみが改善されることになるのです。



膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-20 09:18 | 血液をサラサラにするグルコサミン