万物は「五行」から生成される

五行のそれぞれの特性
 五行説では、すべての事物を「木・火・土・金・水」の五つに区分しますが、これは言い換えれば、「五行」と呼ばれる、これら五つの根源的要素から万物は生成されるということです。その五行には、それぞれ次のような特性があります。
◦木…①曲直、②動きやすい、③伸展を好む。⇨木は曲直で、動きやすく、すくすくとした伸展を好む。
◦火…①炎上、②温熱。⇨火の特徴で、火は上に昇る傾向にある。
◦土…①物を載せる、②生長変化。⇨大地(土)はすべてのものを載せている基盤であり、すべてのものに栄養を与える生長変化の源である。
◦金…①発声、②粛殺(厳しい秋気が草木をそこない枯らすこと)。⇨金属は叩けば音がする。
◦水…①寒冷、②下流、③物を潤す。⇨水の特徴である。

助け合い、抑制し合うのが五行
 また五行には次のような「相生」と「相剋」の関係が存在します。

◎相生関係
◦木は火を生じる(木は燃えて火を 生じる)
◦火は土を生じる(燃えたものが土 となる)
◦土は金を生じる(堆積した土の中 から金属が生まれる)
◦金は水を生じる(金属に水滴がつ く)
◦水は木を生じる(水は木の栄養と なる)

◎相剋関係
◦水は火を制す(水は火を消す)
◦火は金を制す(火は金属を溶かす)
◦金は木を制す(金属は木を切り倒 す)
◦木は土を制す(根を土に深く張り 養分を奪う)
◦土は水を制す(土によって水を堰 き止める)
 それぞれの特性をもつ五行は、この二つの関係によって、常に抑制し合い、助け合いながら、互いに調和を保っています。
 それにより森羅万象、この世界のすべてのものが一定の規律と秩序の中で運動し、変化していく、というのが五行説的な宇宙観といえるものです。



プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用



[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-27 09:48 | プラセンタ療法と中医学の調整作用