不妊や子宮筋腫にも有効

不妊が改善し約1年後に妊娠
 34歳、女性。以前より生理痛があり、生理周期は32日とやや長く、高温期が短く、経血も少なく、塊も出るとのことでした。
 加えて、生理前になると、イライラしたり落ち込んだりといった月経前緊張症が現われ、また結婚後5年を過ぎても妊娠の兆候はありません。
 そこで、2週間に1回、プラセンタの皮下注射を開始しました。その結果、2ヶ月後に月経前緊張症のイライラ、落ち込みが改善し、また6ヶ月後に生理痛が消失しました。
 そして、1年後には高温期も安定し、1年2ヶ月後に待望の妊娠を果たしました。

子宮筋腫の縮小が認められた
 46歳、女性。以前より、直径10㎝ほどの子宮筋腫を指摘されていたとのことです。子宮筋腫は経時的に増大しており、手術も勧められていましたが、可能な限り漢方薬などを中心とした自然療法でやりたい、また高血圧(降圧薬内服中)も何とかしたいということでした。
 当初、漢方薬で治療し、疲労感などの全体的な体調は改善してきましたが、子宮筋腫は増大を続けました。
 よって、初診後半年が経過した頃より、プラセンタのツボ注射(三陰交、血海、足三里など)を2週間に1回、開始したところ、徐々に縮小し始め、さらに半年後の婦人科の触診では、明らかに縮小が指摘されました。
 現在も治療継続中ですが、子宮筋腫は縮小したまま閉経を迎えました。

※図省略



プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用


[PR]
by beauty-moisture | 2017-02-28 09:55 | プラセンタ療法と中医学の調整作用