グルコサミンの生理作用

関節軟骨のしくみ
 人間の体の大部分を占めるのは水分です。これは関節の軟骨も同じで、その六五~八〇%は水分からできています。
 さらにコラーゲン、プロテオグリカン、軟骨細胞などによって、軟骨は形成されています。
 コラーゲンは繊維状のタンパク質で、軟骨に弾力性をもたらす役目を担っています。プロテオグリカンは、糖分とタンパク質からなる大きな分子で、スポンジのように水分を吸収する性質があります。このため、関節に圧力がかかっても、含んだ水分の調整によって、軟骨の動きをスムーズにすることができるのです。
 軟骨細胞は、コラーゲンやプロテオグリカンを生成すると同時に、それらの量を一定に保つ機能を持っています。それだけに軟骨細胞が損傷を受けると、コラーゲンやプロテオグリカンのバランスが崩れ、軟骨本来のクッションとしての役目が果たせなくなってしまうのです。

プロテオグリカンの再生を促す
 では、グルコサミンは軟骨に対して、どのような作用を持っているのでしょうか。
 まずグルコサミンには、軟骨内にあって大切な役割を司っているプロテオグリカンの再生を促進させる働きがあります。このプロテオグリカンが増えれば、それだけ軟骨内に水分を保つことができるようになります。さらには壊れた軟骨細胞にも働きかけ、修復する作用をも持っているのです。
 このようにグルコサミンには、軟骨の損傷による痛みを取り除くだけでなく、土台の部分から修繕・改善する作用があるのです。

※図省略



ひざ、関節の激痛にグルコサミン
ひざ、関節の激痛にグルコサミン



[PR]
by beauty-moisture | 2017-03-10 09:59 | ひざ、関節の激痛に グルコサミン